便利帳 地図 歴史 史跡 人物 行事 散策 みやげ リンク
                 洲崎古戦場跡(すざきこせんじょうあと)  
由来
元弘3年(13339)5月18日、新田義貞鎌倉攻めのおり、多摩川の分倍河原(ぶばいかわら)の戦いに敗れた北条軍は一気に退いて、この地に布陣した。

新田軍の前面は掘口貞満軍、守は北条軍の将・赤橋守時。両軍がここで激突し、5月18日終日、戦いが続いた。一昼夜に65度に渡る切りあいがあり多数の戦死者がでて、
始め、6万騎あった幕府軍は、新田軍の猛攻に会い、ついに300騎ほどになってしまった。

幕府軍の赤橋守時は自害した。この激戦地に碑が立っている

歴史リンク 洲崎古戦場の歴史背景と時期を表示します。
                   
歴史リンクへ
散策 洲崎古戦場含めた散策コースを紹介。古戦場散策コース
基本情報            アクセス 湘南深沢(湘南モノレール)下車。次の町屋駅に向かって徒歩5分ほど。深沢住宅のモノレール下
住所 鎌倉市山崎寺分1丁目
主な周辺情報
(画像がリンクします)
       
泣き塔   お店

 史跡一覧へ戻る