便利帳 地図 歴史 史跡 人物 行事 散策 みやげ リンク
                 源頼朝の墓所(みなもとよりとも)  
由来 
建久9年(1199)12月27日源頼朝は,御家人の稲毛重成の亡妻の供養のために,相模川にかけた橋の完成祝いに出掛け、その帰り稲村ガ崎で落馬した。
その落馬が原因で,翌年の建久10年(1199)1月13日に53歳で亡くなり、大倉法華堂(現在の白旗神社)に葬むられた。現在の墓は白旗神社のすぐ横の階段を登った所にあり、江戸時代に島津氏によって建てられたもので、高さ186cmの五層の石塔である。建久6年(1196)から頼朝が亡くなった正治元年(1199)までの3年間、鎌倉幕府の公式記録「吾妻鏡」から頼朝の死亡に関する記録が抜けている(仏事の記録はあり)。頼朝の死は謎に包まれていると言われている。

  源氏系図 頼朝の生涯 頼朝の像
歴史リンク 源頼朝の歴史背景と時期を表示します。
       
歴史リンクへ
散策 源頼朝墓所を含めた散策コースを紹介。 
  
源頼朝のゆかりの地を巡る散策コース
基本情報             アクセス JR鎌倉駅東口徒歩20分
住所
TEL
拝観料 なし
駐車場 なし
地図  地図へ
主な周辺情報
(画像がリンクします)
       
      
段蔓     鶴岡八幡宮     大蔵幕府跡  お店
   名所一覧へ戻る  湘南鎌倉の宿